無農薬野菜とは

 

無農薬野菜という言葉だけを聞くととても身体に良いイメージがあります。
しかし、イメージだけで物事を判断することは、時として危険を伴うこともあります。
今回は無農薬野菜とはどういったものなのか、危険はないのかを解説します。

無農薬野菜の定義は、『栽培期間中に農薬を使用せずに生産された野菜』のことです。
要点は栽培期間中のみ、農薬を使用していない点です。
たとえばその前年に農薬を使用して作物を栽培しており、農薬が土壌に残留している可能性があったとしても、翌年に農薬を使用せずに栽培された作物は無農薬野菜として出荷することができます。
この定義が分かると、無農薬野菜がすなわちまったく農薬や化学肥料が残留していないとは断言できないことが分かります。
このことから、一部では無農薬野菜は安全ではないといった極論も言われるようになりました。

もちろん農家の中には、土壌検査を行ったり、合鴨農法や自然農法によって一切の農薬や化学肥料を土壌からも排除して作物を栽培している農家もあります。
収穫量が天候や気温に左右されやすかったり、コストがかかるなどの理由によって、一般の野菜に比べて価格は割高になります。
食の安全を何よりも求める消費者には、その姿勢と作物が高く評価され、通常の農薬や化学肥料を使用して栽培された作物よりも割高であるにも関わらず、よく購入されているという実態があります。
消費者もイメージに踊らされず、知識を身につけて正しく評価する姿勢が求められる時代になったと言えます。


[特別推薦サイト]
国が定める有機野菜よりさらに厳格な基準で生産された有機野菜を販売しているサイトです ⇒ 有機野菜